« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月15日 (月)

Rolandの新しいパイプたばこ

国産パイプブランド〈ローランド〉から新しいパイプ煙草が発売されます(2010年3月上旬予定)。
パウチ入りでご好評いただいた「ビフォア・ダーク」と「アフター・ダーク」のコンセプトを引き継ぎつつ、味わいは完全リニューアル。パッケージも缶に変更され、銘柄も頭文字をとって「BD( ビフォア・ダーク)」と「AD(アフターダーク)」になりました。

GenRock店長が広告ビジュアルやコピーも担当しております。たばこ店様用にこんなカタログもつくりましたよ。Roland480

「BD(ビフォア・ダーク)」は、バニラとナッツのフレーバーが甘くて香ばしい、アロマティック煙草。ブラック・キャベンディッシュ、バージニア、バーレイなど選りすぐりの良質な葉をブレンドし、雑味がなく、煙草本来の自然な甘みが活きています。その芳香はまるで、なめらかな煙と、バニラとナッツのフレーバーが織りなすミルフイユ…なんつってねw  コピーならともかく、ブログで書くのは照れくさいもんですなぁ。

「AD(アフター・ダーク)」は、待望のラタキア・ブレンド! 鼻腔をくすぐる芳醇な香り。舌を包み込む爽やかな甘み。たっぷりのラタキアを味わいつくす絶妙のブレンドは、ブラック・キャベンディッシュ、バージニア、ケンタッキー、ペリクなどの数種類の煙草が奏でる不思議なハーモニー…とこちらもなかなかw

このパイプたばこをつくるにあたっては、ドイツのメーカーに各銘柄のコンセプトを伝えて、数十種類のサンプルを出してもらって、それらをGenRock店長と元祖“ゲンロク”先輩とで半分ずつ手分けして試喫するところから始めました。そして、各々が高評価をつけた数種類のサンプルを交換して、更に試喫を重ねました。時にはパイプが熱くなるほど過燃焼させてみたり、途中まで燻らせたパイプを一日置いて、翌日にその続きに火を入れたりと、様々なパターンで試喫しました。そして最終的に4種類のサンプルにまで絞込み、さらにそれを社内の数人に評価させて、2種類を選んだわけです。けっこう大差がついて、あっさり決着がつきました。

しかし、ここで問題発生。じつは選ばれた2種類の一方が、予算を遥かに上回るコストになってしまうことが判明し、再び選びなおしとなりました。(…ということは、今回発売にはならない、幻の極上ブレンドが存在するということです。いつか世に出したいと思います。お楽しみに!)

そして、今度こそ最終的に選ばれた2種類のサンプルを、いくつかのタバコ店でモニタしてもらい、いずれも好感触が得られたことで、遂に発売が決定したのでした。

そんなわけで、今回の新ローランド・パイプ煙草には、ちょっと自信があります。前のパウチ入りの「ビフォア・ダーク」と「アフター・ダーク」も良質なタバコではありましたが、喫味の違いがはっきりとしておらず、銘柄としてのキャラクターが弱かったように思います。しかし、今回の2銘柄はそれぞれ違った個性をもちながら、どちらも常喫に適した、味わい深いパイプ煙草に仕上がっています。

しかも、缶入りのパイプ煙草としては、自主流通銘柄で最低価格の1300円! 価格的にも「常喫銘柄」になれるように企業努力いたしております。

パイプ・スモーカーの皆さまは、お近くのたばこ店にお尋ねください。たばこ販売店の皆さま、ご注文は株式会社フカシロにお願いします。3月発売ですよ!

GenRock店長でした。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック

最近のツイート

  • Twitter List Widget

    あわせて読みたい

    • あわせて読みたいブログパーツ
    無料ブログはココログ